腰痛と寝具改善について

整骨院・接骨院(柔道整復師)にかかるとき

整骨院・接骨院(柔道整復師)にかかるとき "整骨院・接骨院(柔道整復師)にかかるときに注意しなければいけないのが、全ての怪我に対して保険が適用されるわけではないということです。
よく各種保険取扱いというように記されていますが、基本的に整骨院・接骨院は健康保険法で規定された保険医療機関ではありませんので、特定された傷病以外には保険適用されないのです。
ですので、整骨院・接骨院にかかるときは、自分の傷病が保険適用内かどうかを知っておかなければいけません。
では、どのような傷病が保険適用されるのかというと、打撲や捻挫、肉離れなどの挫傷です。ただし、出血がある場合、医療行為となりますので柔道整復師の施術対象外となります。
また骨折や脱臼も保険適用されるのではないかと考えられがちですが、基本的には保険が認められるのは応急処置をする場合に限られていますので、それ以外の場合には医師の同意がない限りは認められません。
上記以外の症状に関しては、保険が適用されませんので、整骨院・接骨院にかかるときには注意しましょう。"

はり・きゅう、マッサージ、整骨院・接骨院の治療はどこまで健康保険が認められるの?

はり・きゅう、マッサージ、整骨院・接骨院の治療はどこまで健康保険が認められるの? 接骨院(整骨院)の健康保険適用範囲ですが、外傷にあたるものと捕らえていよいでしょう。
さらに、具体的にいえば、捻挫、挫傷(肉離れ)、打撲などが認められます。よって、筋肉痛や肉体疲労、慢性的な神経痛などは健康保険の対象とは認められません。
また、外傷による治療を受けていたとしても、同じ外傷理由、同じ部位を治療する場合、明確な理由もなしに、複数の医療機関で同時期に治療することは認められていません。
ちなみに、明確な理由というのは、投薬の必要、もしくはレントゲン撮影の必要があるので、整形外科に診てもらうといった場合や、旅行中や引っ越しによりかかりつけの接骨院、もしくは整形外科に行けない場合などです。
また、鍼灸、マッサージを健康保険の適応内で治療しようとする場合、医師からの同意書がなければ認められません。
その場合、何科の医師でなければいけないという決まりはないので、かかりつけの内科さんでも結構です。
ちなみに、同意書を使わずに鍼灸治療を行っている所がありますが、そういった場合、おそらく健康保険の請求は接骨院に来院した外傷治療として請求し、鍼灸治療に関しては保険請求をせず実費のみで行い、接骨院からの保険請求プラス実費の鍼灸治療(少し値引き)として処理しているのか、もしくは、まったく保険請求はせずに、実費治療のみで処理しているかのどちらかに分かれることになるでしょう。

pickup

WEB請求書を取り入れる

2017/12/22 更新