働く上での厳しさを知る

接骨院で働きたいと思う人の最も多い志望動機とは?

接骨院で働きたいと思う人の最も多い志望動機とは? 接骨院に訪れなければならない程症状が重いという事もあり、訪れる患者の体調が思わしくないのは当然です。
つまり、長い距離を移動することができないという事なので、接骨院に通院している方の9割が半径1キロメートル以内で生活していると言われています。
個々によって志望動機は異なりますが、このようにご近所付き合いを大切にして、同じエリアで生活している人々を楽にさせてあげたいという気持ちで資格取得を目指す方も多いです。
また、訴える症状は肩こりや腰痛といったもので、完治させることが不可能なものです。
そのため、人生を共にして一つの症状の改善に取り組んでいきます。
患者さんと二人三脚で改善という目標に向かって地道に努力していくということが好きだという志望動機も多いです。
そして、接骨院にて自分が施術した方が少しずつ良い調子になっていき、これまで行なうことができなかった行為などができるようになった時には、最も大きな満足感を覚えます。

接骨院で働く上での厳しさを知る

接骨院で働く上での厳しさを知る 接骨院は多くの土地で店舗を出していますが、そこでは働き続けるには非常に厳しい現実というものもあります。
その厳しさとは顧客がつくかどうかという点とその人自身の技術です。
接骨院は柔道整復師と呼ばれる資格を有している人がなれますが、その資格を得ること自体に厳しさがあると言えます。
また得ることが出来て働くにあたり、技術がなければ顧客は尽きません。
また接骨院自体は数多く点在しており、変りも多くあるという現実があります。
そのため資格だけ取れてもそれに見合った技術がなければ客は自然と離れていきます。
また中には一人の授業員が原因で一気にそのテンポの評判を落としてしまうということもあります。
またその店舗で働く他の従業員に加えてほかの店で働く人も同じ状況にあるため、日々研鑽して技術を高めており、それが終わることはありません。
そのため技術の習得のための努力が終わることはありません。
接骨院で働くにはそういった厳しさの側面も併せ持っています。